平成29年度第2回研究談話会実施概要

主催:研究推進・知的財産センター 研究開発科委員会

日付:平成29年9月4日(月)

場所:青森県立保健大学 B棟 演習室B5(B105教室)

参加者:12名

司会:看護学科 小池 祥太郎講師


1.研究発表

『地方の歴史』
       社会福祉学科 小山内豊彦 特任教授


2.グループワーク

『地方』と『地域』の違い


3.意見交換

 

参加者感想

(小山内特任教授)
 今回の「『地方』の歴史」というテーマは、本学としてはやや”異質”のものと思われますが、本学の掲げる5つの使命の中の、「地域特性へ対応できる人材の育成」及び「地域社会への貢献」に何某か役立てたとすれば幸いです。
 こうした機会をいただき、誠にありがとうございました。


(小池講師)
 「地方」という言葉から始まり、言葉の意味をどこまでも深く掘り下げた研究だったと思います。
 自分達が何気なく使っている言葉に疑問を持ち、そのことを深く探求していく姿勢に頭が下がりました。
 研究テーマとなるヒントはこんな所にも隠れている!と思いましたので、普段からそのヒントを受信できるアンテナを張っていけるようにしたいと思います。

投稿者:スタッフ (2017年9月7日)

▲このページのトップへ

〒030-8505 青森市大字浜館字間瀬58-1 TEL:017-765-4085 FAX:017-765-2021 kenkyu@auhw.ac.jp
公立大学法人 青森県立保健大学 研究推進・知的財産センター