学内の方へ

公募情報

公募名 対象分野 応募締切 詳細
科学技術コミュニケーション推進事業 未来共創イノベーション活動支援 平成30年度募集 リスクコミュニケーションを含む科学技術コミュニケーション活動を推進するとともに、大学・公的研究機関等と、国内外の様々なステークホルダーが対話・協働し、それらを政策形成や知識創造、社会実装へとつなぐ共創の場を構築する活動を支援します。 平成29年11月20日(月)~平成30年1月22日(月)正午必着 科学技術コミュニケーション推進事業 未来共創イノベーション活動支援 平成30年度募集の詳細はこちら
あおもり農商工連携助成事業 平成30年度上期募集  県内の農林漁業者と中小企業者等の連携によるお互いの強みを生かした「新商品の開発」や「販路開拓」等の取組に対して助成します。 1.経営革新助成事業
(中略)
2.経営革新支援機関助成事業
(中略)
(5)助成対象者
県内の農林漁業者と中小企業者等との「連携体」を支援する機関、具体的には商工団体、農林水産団体、産業支援機関、大学
平成29年11月17日~平成30年1月17日 あおもり農商工連携助成事業 平成30年度上期募集の詳細はこちら
平成30年度助成事業「雑豆需要促進研究」募集 (対象領域)
・新需要開発に関する研究
・伝統豆製品の製造分野の高度化、高付加価値化に関する研究
・健康維持・増進に関する研究
・マーケッティング、食文化・食育に関する研究
・その他雑豆の需要促進に効果の高い研究
平成29年11月24日(金)~12月8日(金)(当日の午後5時必着) ※予定 平成30年度助成事業「雑豆需要促進研究」募集の詳細はこちら
平成30年度公益財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団 研究助成 (A)豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究
(B)豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究
(C)豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究
平成30年1月15日から3月10日(必着) 平成30年度公益財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団 研究助成の詳細はこちら
ストレス科学研究論文募集 (投稿資格)
ストレス研究に携わる大学院生、研究者、大学教員、医師、専門職等の方々
なし(通年募集) ストレス科学研究論文募集の詳細はこちら
パブリックヘルス科学研究助成金 ストレス科学
募集テーマ:ストレスマネジメント
キーワード:災害、情報、ジェンダー、ストレスチェック制度、身体活動、対処
生命医科学
募集テーマ:老化と長寿
キーワード:認知機能、エイジング、エピゲノム、環境応答、先制医療
2017年12月1日(金) 24:00(締切厳守) パブリックヘルス科学研究助成金の詳細はこちら
2018年度大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 共同研究・研究会「NIG-JOINT」 (1)共同研究
 「共同研究」とは、本研究所の教員と他機関の研究者が特定の研究課題について本研究所の施設・設備を利用して共同で行う研究である。
(2)研究会
 「研究会」とは、所内及び所外の比較的少人数の研究者で実施する研究集会であり、研究会は本研究所での開催を条件とする。
※それぞれの詳細はHP参照
2017年12月18日(月)(日本時間24:00)必着 2018年度大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 共同研究・研究会「NIG-JOINT」の詳細はこちら
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 平成30年度公募型共同研究 (1)戦略研究公募型【戦略】
(2)研究企画会合公募型【会合】
(3)自由提案公募型【自由】
※いずれの共同研究の場合も、本研究所の教員を共同研究者として含むこと
  詳細はHP参照
平成29年12月4日(月)(電子データ:必着、郵送:当日消印有効) 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 平成30年度公募型共同研究の詳細はこちら
公益財団法人博報児童教育振興会 第13回児童教育実践についての研究助成 「ことばの教育」に関する研究
●国語・日本語教育の諸分野における研究
●あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
児童教育実践の質を向上させる研究
●多様な場における教育実践の質を向上させる研究
2017年7月3日(月)~10月31日(火) 公益財団法人博報児童教育振興会 第13回児童教育実践についての研究助成の詳細はこちら
一般社団法人Jミルク「食と教育」学術研究公募 (1)特定研究
①「乳」に係る教育プログラムの開発と検証研究
②「乳」係る生産・製造・流通等を中心にした教育的プログラムの開発と検証研究
③「乳」ならではの教育的価値の解明とその効果についての研究~歴史的または海外比較の見地から~
④学校給食における乳の現代的意義に関する研究
(2)一般研究
⑤「乳」に関する教育的視点からの研究
平成29年10月1日(日)~平成29年12月31日(日) 一般社団法人Jミルク「食と教育」学術研究公募の詳細はこちら
一般社団法人Jミルク「乳の社会文化」学術研究公募 (1)特定研究
①牛乳製品のマーケティング
②牛乳乳製品の食生活への受容
③次世代酪農の可能性
(2)一般研究
④乳及び酪農乳業に関する社会的・文化的視点からの研究
平成29年10月1日(日)~平成29年12月31日(日) 一般社団法人Jミルク「乳の社会文化」学術研究公募の詳細はこちら
一般社団法人Jミルク「牛乳乳製品健康科学」学術研究公募 ①スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義に関する研究
②牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究
③牛乳乳製品とメンタルヘルスに関する研究
④牛乳乳製品と高齢者の栄養代謝障害に関する研究
平成29年10月1日(日)~平成29年12月31日(日) 一般社団法人Jミルク「牛乳乳製品健康科学」学術研究公募の詳細はこちら
平成30年度公益財団法人 青森学術文化振興財団 助成事業 地域における学術・文化の振興に係る事業
①公開講座の開催事業
②地域の振興に係る研究事業
③地域における学術・文化の振興に係る事業
④学術定期刊行物の出版事業
⑤学術図書の出版事業
※各区分の詳細についてはHPを参照
平成29年9月11日(月)~11月30日(木)(当日必着) 平成30年度公益財団法人 青森学術文化振興財団 助成事業の詳細はこちら
平成30年度 公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究募集 自由課題学術研究
本財団の主旨に添ったものであり、申請者がこれまで行って来た研究を助成することによって、調査・研究の発展・充実が期待されるものであること。
平成29年11月8日 平成30年度 公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究募集の詳細はこちら
公益財団法人 日本ユニフォームセンター 平成29年度『ユニフォーム基礎研究助成』公募 A)地球温暖化防止につながるユニフォームに関わる研究
B)防災・セキュリティに関連するユニフォームの研究
C)オリンピック・パラリンピックに関連するユニフォームの研究
D)諸外国におけるユニフォームの調査
※詳細はHPを参照
募集開始 平成29年7月  締切り 平成29年11月末日 公益財団法人 日本ユニフォームセンター 平成29年度『ユニフォーム基礎研究助成』公募の詳細はこちら

コンテンツ

センター紹介

共同研究・受託研究・奨学寄付金制度

〒030-8505 青森市大字浜館字間瀬58-1 TEL:017-765-4085 FAX:017-765-2021 kenkyu@auhw.ac.jp
公立大学法人 青森県立保健大学 研究推進・知的財産センター